英検1級英作満点の会社員が満点の極意をどこよりも詳しく伝授!!!

英検1級に挑戦するメリット

2019/04/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。

本ページでは英検1級に挑戦するかどうか迷っている方のために、私が2018年第1回英検1級に合格して感じる英検1級のメリットについて記載していきます。結論から記載すると、英検1級は取得して本当に良かったと感じています。それでは「合格した今だからわかる英検1級のメリット」を記載していきます。

Sisters
英検1級を目指すメリットが何か、合格者の意見が気になるわ…
Smash
就職活動ではTOEICが重視されているけど、英検1級にはTOEICとはまた違った魅力があるんだ。受験を考えている人は、ぜひ一緒に見ていこう!

 

ある論点に対してロジカルに記載するライティング力

英検準1級まででもある程度の英文を書くことに抵抗はありませんでしたが、英検1級の合格のために特にライティングが鍛えられたと感じています。具体的には、なぜ自分の主張が正しいと思うのかを英語で論理的に述べる力です。

たとえば、直近過去3回の英検1級のライティングでは次のような問題が出題されています。

具体的な問題を一緒に確認していきましょう。

2018年第2回:Has a university degree in the humanities lost its relevance in today’s world ?(人文科学の大学の学位は現代社会との関連性を失ってしまったか?)
2018年第1回:Agree or disagree: Japan will benefit overall from hosting the 2020 Summer Olympics(賛成か反対か:日本は2020年夏季五輪を開催することで総じて利益を得られるのか)
2017年第3回:Should Japan rethink its relationship with the United States ?(日本は日米関係を見直すべきか)

Sisters
日本語でも解答が難しいわ…

 

最初に私が過去問を見た際には、「問題そのものが抽象的な場合もあるし、ものすごく手強そう笑」と感じていました。

ただ、合格した今では問題を的確に理解して、自分なりのロジックを使って相手を説得させられるような文章が英語で書けるようになることに相当の価値があると思うようになりました。なぜなら、日常生活では「Yes/No」だけで答えれば済むような単純な問題などはほとんどなく、曖昧で漠然とした問の方がよくあるからです。

つまり、英検1級で英作文の対策をしていけば、仕事で英語を使うようになった際に難解な質問があった場合でも、自分なりの主張を複数の論拠をあげて、理路整然と説明できるようになる力が付くということです。採点する方も大変だと思うので、マークシートでは実現できない、英検1級の価値の一つだと考えています。

 

単なるスピーキングではなくディスカッション力

英検1級2次試験では、自分が話したスピーチに対して、「この場合はどうなのですか?その主張は反対意見もあるけど、それについてはどう考えますか?」というように、バシバシと突っ込みが入ります。

Sisters
日本人はディスカッション慣れしていないから、普段から自分の意見をしっかりと持つことも大切になるわね…

そんな中でもディスカッションでの相手の反論にも臆することなく、自分の主張を曲げずに、相手と主張し合うことができるようにしなければいけません。文章で書くと堅苦しく聞こえるかもしれませんが、要は自分の考えを多角的に分析できていますか?他の立場の人がいることも踏まえて、検討できていますか?ということだと思います。

この点は社会人の仕事の場でも、海外で多く出身国の人が集う場でも、意見が対立しそうな場合に議論を進める上で役立つ非常に大切なスキルだと考えています。

 

英語を4技能として捉えた際の総合力

英検1級合格には4技能の総合力を高める必要があるということです。TOEICも現在ではSpeaking/Writing試験も追加されましたが、英検のように1回の試験で4技能を採点される試験は、4技能をバランス良く鍛えていくのに最適な試験だと思います。

私が英検1級に挑戦したのも、TOEICでリーディングとリスニングだけ勉強していてよいのか、言語なんだから4技能満遍なく伸ばしていきたい、というのがきっかけでした。結果として英検1級に合格するまでに1年間は、英語4技能をバランス良く伸ばすことを意識していたので、本当に英検1級に挑戦したことは良かったと思います。

Sisters
小学校高学年頃から受験を始めた英検5級…。そのラスボスにあたる英検1級は間違いなく手強いけど、挑戦する価値は十分にあることがわかったわ!

 

まとめ

英検1級は他の英語試験と比較しても難易度が高く、なかなか受験するまでに決意のいる試験だと思います。ただ、それを乗り越えたからこそわかる、英語の素晴らしさ、基礎力の向上が見込めることも事実なので、ぜひ本記事を参考に英検1級までの道筋を立ててほしいと思います。

Smash
合格してからも英語力が完璧なわけでは勿論なく、まだまだ弱点強化の必要がありますが、本記事が英検1級に挑戦しようとするきっかけになれば大変嬉しく思います!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 英韓マスターへの道 , 2018 All Rights Reserved.