英検1級英作満点の会社員が満点の極意をどこよりも詳しく伝授!!!

【書評】人気TOEIC本 精選模試リーディング500問を実際に解いてみた

2019/04/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。
Smash
どうも、Smashです!相変わらず忙しかったです~orz
Friends
Smashさん、最近ブログ更新をサボリ気味じゃないですか!?
Smash
いやいや、TOEIC点数が伸びないと、TOEICコーチHaruka先生に公開処刑されちゃうから、ブログよりもTOEICリーディング頑張ってるんですよwというわけで、今回は精選模試についてレポートです

 

精選模試を購入に至った背景

Friends
TOEIC参考書ってたくさんあって選ぶの悩むよね

TOEIC900点を突破してから、点数取得パターンがリスニング480点前後、リーディングが420点前後で停滞気味です。高得点取得にはリーディング強化が欠かせないということで、高得点の方の勉強方法と比較すると自分は明らかに問題演習量が不足していると思ったんですね汗。

で、AmazonでTOEIC模試を検索すると、どの参考書を選んだら良いか、本当に迷っている中で、本書のレビューが抜群に高かったので購入してみることにしました♪

問題の質は?本番TOEICスコアとの比較

私の本番TOEICリーディングの平均点は420点前後なのですが、実際に精選模試を解いてみたところ、以下の結果となりました

Smash

Test1 :87/100
Test2 :84/100
Test3 :85/100
Test4 :86/100
Test5 :85/100

換算得点表を見ると、見事に420点前後なんですよね。時間配分としても本番と同じくらいのペースで解いて、本番と同じ換算点数が出てくるので、問題の質はものすごく高いんだと思います。問題を解いている感触もTOEIC本番と同じ感じだったので、最初にTOEIC模試を探している方には、精選模試が間違いなくオススメです

問題の解説は?学習者目線で書かれているか

学習者にとって解説なしで解答のみの模試もある中で、解答が丁寧に書かれているかどうかは、購入のポイントになるかと思います。その点で精選模試はTOEIC界で有名な先生方が解説されているので、間違いやすいポイントを「990点講師の目」という解説も含めて記載してくれています

さらに、正解率というパーセンテージまで出ているので、ここは全受験者が悩んでいる問題なんだな、とか、ここは絶対に落とせない問題なんだな、というように客観的な分析にも役立ちます

今後の学習方針

Smash
 学習パターンとして、模試が終わった休憩のタイミングでHarukaさん動画を見て文法を得意分野にしたいと思います笑
Friends
なるほど、Haruka先生は文法100%を複数回ゲットしてますもんね

演習量を増やして、自分の中のミスパターンを洗い出して、そこを確実に得点源にしていくという方針を貫きたいと思います

平均してPart 5で3ミス、Part6で2ミス、Part7で10ミスくらいしてしまっているのですが、点数が良いとき(良いといっても87/100ですが汗)は、Part5とPart6を短時間で解答しつつも、正答率が高いんですよね。というわけで、Part7を余裕を持って解答できるようにするためにも、Part5とPart6は確実にこなせるように特急シリーズでも強化したいと思います

 

実際に効果はあったのか!?後日アップ予定

2019年1月13日(日)に受験するので、その結果でリーディング自己ベスト更新をご報告できるように頑張ります。TOEIC受験生の皆さん、一緒に自己ベスト更新に向けて頑張りましょう♪

 

今日は、ここまで!!!Have a good night 🙂

 

この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 英韓マスターへの道 , 2018 All Rights Reserved.