英検1級英作満点の会社員が満点の極意をどこよりも詳しく伝授!!!

新卒で会計系コンサルティングファーム入社がお勧めな理由

2019/08/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。

こんにちは、スマッシュです

就職活動や転職活動は順調に進んだタイプなので、今回から大学生に向けてキャリアについても発信していきたいと思います

私は新卒で外資系メーカーに就職し3年勤務後に、BIG4と呼ばれる会計系のコンサルティングファームに転職しました

今回は新卒が会計系コンサルティングファームに入社べき3つの理由についてシェアしてみたいと思います

 

給与が他の事業会社に比べて良く、新卒1年目で550万程度

まず会計系と呼ばれるコンサルティングファームは、BIG4というカテゴリーで、

デロイトトーマツコンサルティング、PwC、E&Y、KPMGがあり、私はそのどれかに属しています

会社によっても新卒の年俸は異なりますが、1年目から550万程度もらえるので

生活に困ることはないのではないでしょうか

都内は家賃が高いので、事業会社で年収400万前後だと少し苦しい気がしています

 

働き方改革も進んでおり、ランクが上がるまで残業も多くない

次に働き方と言う観点ですが、成果をいかに効率的に上げていくかということを、

研修当時から叩き込まれるため、無駄な残業はしないスタイルです

国が指定した労働規定の36協定にひっかからないように、

新卒メンバーの残業は厳しく管理されるので、定時で帰ることもできます

そのため、定時上がりで年俸550万という圧倒的コスパをもって

働くことができるので、ワークライフバランスを考えながら働きたい方には

とても良い環境にあると思います

 

複数の業界を経験できて、転職する際にも自分の得意領域を把握できる

私の所属するコンサルティングファームでは、新卒の時点では業界を問わずに成長できる仕組みとして、

複数の業界を経験するスタイルをとっているため、最初は銀行系、次は旅行系、というように、

様々な業界を経験しながらコンサルティングの基礎力を高めていくことができます

私はこれが良いスタイルだと思っていて、大学時代に自分がどの業界に適しているかを

一度も社会に出たことがないのに先輩の話やネット上の情報で決めていくのは難しいと思っています。

だからこそ、実際の現場に出て経験を積みながら、得意領域を見極めつつ、

進みたい業界を決定できる仕組みは「あり」だなと感じています

大学の専攻を決める際の東大や慶応の理工学部も同じような仕組みですよね

 

まとめ

というわけで、今回からキャリアについても発信できるように1回目の更新をしてみました

少しでも就職活動中の方々の参考になれば幸いです

この記事を書いている人 - WRITER -
smash_english
英検1級合格済(英作文満点、CSE2814)/ 転職のため英語学習に尽力中。某コンサルティング会社4年目で社畜な生活を送りつつも、趣味の海外ドラマ、韓国語、テニスを満喫しつつ、早期リタイアを目指す人間。尊敬する人は、仕事に対するストイックな姿勢やファンを常に大切にしてきた安室奈美恵さん。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 英韓マスターへの道 , 2019 All Rights Reserved.